下請けに依頼することが多い

間取り図

リフォームをする場合には、業者に電話やインターネットで予約を入れて、そこから見積もり等を行っていきます。この時、仕組みとして知っておきたいのは受け付けた会社が直接カナヅチなどを持って作業をするわけではないことです。では、一体誰が作業するかと言えば、その下請け業者になります。例えば、工務店がリフォームの受付の可能性もありますが、工務店が直接工事をしないことが多いです。大抵の場合、その下に下請け業者が待っており下請け業者に仕事をしてもらいます。下請け業者は、リフォームを受け付けた会社ではありませんが、何か要望等がある場合には直接工務店に言えば下請会社のほうに連絡をしてくれます。そのため、下請け業者に依頼しているからといっても特に不便はありません。

お金が十分にない場合

工具

住宅のリフォームを検討しているけども、お金が十分にない場合があります。例えば、開閉器塗装をお願いする時、おそらく60万円もかからないだろうと考えており、見積もりをしてみたところ100万円の見積もり額が出ることも少なくありません。このような場合には、そのまま工事をお願いするのは難しくなります。そこで、二通りの方法が考えられるでしょう。まず1つは、リフォームをすることを先延ばしにすることです。先延ばしにすることにより、お金をためてある程度お金がまとまったら再び見積もりをしてもらい契約をするようにします。もう一つは、リフォームローンを組むことです。リフォームローンは、そこまで金利は安くありませんが比較的簡単に審査が通りやすいのが特徴です。

様々な問題点を予測しておく

リフォーム

リフォームをする場合でも、意図した通りに計画が進んでいることもあります。ですが、必ずしも毎回意図した通りに計画が進むとは限りません。何らかの障害があり工事が進まなくなることもあるからです。例えば、間取りの変更しようと考えてみたところ、業者に見てもらうと間取りの変更は難しいと言われることがあります。これは、ツーバイフォー工法と呼ばれる住宅を建築した場合にあり得ることです。ツーバイフォー工法とは、耐震性に優れていて細い柱と壁で住宅を支える仕組みです。そのため、間取りを変更し壁や柱などの一部を取り払ってしまう場合には耐震性が法律の基準を満たさなくなる可能性があります。優良な業者ならば、まず工事をしてくれることはないでしょう。このような場合には、臨機応変に対応し可能な限り差し支えない範囲でリフォームをするのが良いです。また、外壁塗装をしようとしたところ、壁に大きな穴が開いており費用が必要以上に高くなることもあります。

広告募集中